フリードTOPフリード評価>フリード6人乗り?7人乗り?

新型フリードは6人乗り?7人乗り?どちらを選ぶか違いやデメリットを徹底検証!


フリード:honda.co.jp

 

今回は、ホンダの低重心・低床ミニバンとして名の高い、フリードの6人乗りと7人乗りのそれぞれのメリット及びデメリットを紹介します。

 

2016年に登場した2代目フリードは床下設計の見直しを図り、コンパクトカー並みの乗り回しのしやすいサイズ感と、ミニバン並みの室内環境の良さと快適性のすべてを備え、国内の自動車市場の中でも非常に人気のある車のひとつです。

 

そんなフリードの6人乗り仕様と7人乗り仕様それぞれのメリット・デメリットを挙げながら、フリードの魅力を紹介します。

 


フリードの6人乗りのメリット・満足点は?


両側アームレスト付2列目キャプテンシート

 

2代目のフリードの最大の魅力ともいえる「低床化」。

 

これは、床下設計をさらに見直して機器類の省スペース化、そして室内空間を拡大させることで、1〜3列目のシート間の距離を先代フリードより90mm拡大し、窮屈さを全く感じさせない車内空間を実現しました。

 

 

6人乗り仕様はその利点を生かし、2列目シートに両側アームレストを備えたキャプテンシートを採用しました。

 

独立型なので、左右シートそれぞれスライドやリクライニング機構をもち、誰もが快適にくつろげる2列目シートになっています。

 

また座面の設計も立体的に作られており、座った時のホールド感と快適性のレベルは高いシートになっています。

 


3列目への移動が楽々!ウォークスルー機能

 

 

フリードの6人乗り仕様は独立型のキャプテンシートとなってるため、2列目シートの間には人が通れる空間が設けられており、3列目シートへのアクセスが簡単になるウォークスルー機能を持っています。

 

両側アームレスト付でウォークスルー機能を持つコンパクトサイズのミニバンはかなり珍しく、非常に重宝されるのではないでしょうか。

 


フリードの7人乗りのメリット・満足点は?


センターアームレスト付2列目6:4分割タンブルシート

 

 

7人乗り仕様では2列目シートに6:4分割式のタンブルシートを採用しています。

 

2列目に3名が乗車する時は楽々とくつろげるソファシートとして機能し、2名乗車の時は真ん中にセンターアームレストを出してゆったりとした居心地を提供してくれます。

 


さらなる荷室スペースを実現!「タンデムホールディング機能」

 

 

2列目シートに一体型のソファシートを採用している7人乗り仕様のフリードでは、3列目シートを折り畳めるだけでなく、2列目シートを前方に小さく折り畳むことができる「タンデムホールディング機能」を備えています。

 

2列目シートを格納すれば、3列目シートを折り畳むことで荷室スペースはさらに拡大され、載せにくい縦長のものや多くの荷物を載せることが出来ます。

 

車を使用するにあたって荷物の積み下ろしの機会が多い方には7人乗り仕様のフリードをおススメします。

 


フリードの6人乗りの欠点・デメリットは?


ウォークスルー機能を備えつつも、スペース的には狭め

 

先述したとおり、6人乗り仕様のフリードには3列目シートへのアクセスが容易になるウォークスルー機能を備えています。

 

しかしながらウォークスルーできるスペースは約150mmとなっており、大人一人でも通れるか通れないぐらいの比較的狭いものとなっています。

 

コンパクトカーサイズという限られた空間というのもありますが、この機構が非常に役立つものかどうかはユーザー次第という事もあるので、この機構に関しては実車を見て判断した方がよさそうです。

 


低床化した室内設計ゆえの「見晴らしのなさ」

 


フリードの低重心・低床化した車内環境は、車の乗り降りのしやすさと居住スペースの拡大を実現し、車内空間を広くすることに成功しました。

 

それに合わせてシートも低面化されています。

 

子供や背の低い女性には足が付くほどの低さですが、成人男性の方には座面が低すぎて「見晴らしがよくない」というユーザーの声もあります。

 

快適でくつろげるかどうかは個人差もあるので、実写を確かめながら慎重に選びましょう。

 


フリードの7人乗りの欠点・デメリットは?


タンブルシートゆえの、座り心地の悪さと狭さ

 

7人乗り仕様のフリードの特徴として2列目シートに3人乗車可能なタンブルシート(ベンチシート)を採用しています。

 

限られたスペースの中で3人が一列に乗車が出来ることは非常に魅力的ですが、大人3人が乗車するには少々厳しいほどの幅しかありません。

 

またタンブルシートは折り畳み時の省スペース化やシートアレンジを優先的に設計されたものなので、座り心地は比較的平面で好き嫌いが分かれます。

 

座面のホールド性も6人乗り仕様と比べると劣ってしまいます。

 

くつろぎと乗車空間の余裕を求めるなら6人乗り仕様の方がよいでしょう。

 


フリードの「4WD・7人乗り」の設定なし

 

フリードの4WDシステムとして、「インテリジェント・コントロール・システム」という機構を採用しています。

 

通常は前輪走行を行い、状況に応じて4WD走行に切り替え、路面状況を問わない安定した走行を実現します。

 

機構自体を電子制御式を採用することで、レスポンス性能と省スペース化に伴う室内空間を確保します。

 

4WDはガソリン車のみならずハイブリッド車にも設定されています。

 

しかしながら後輪への配線等の設計により6人乗り仕様のみ用意され、「4WD・7人乗り」の設定はありません。

 


フリードの家族構成別のおススメ乗車人員数は?


乳幼児がいる3~4人家族

 

3~4人の比較的人数が少ない家族には、座り心地の良さに定評のある6人乗りと仲良くくつろげるタンブルシートを備える7人乗りのどちらでもおススメできます。

 

ただ選択できるオプションや快適装備はそれぞれ異なるので、それによって選ぶのもありだと思います。

 

オムツ替えのしやすさなら、6人乗りよりも7人乗りの2列目ベンチシートが最適でしょう。

 

またラゲッジスペースを求めるユーザーがいるのであれば、5人乗り仕様の「フリード+」も用意されているので、こちらもおススメです。

 

 

下の子が小学生以上の3~4人家族

 

 

子供がある程度育った小学生以上ですと、パーソナルスペースを求める傾向があるので、キャプテンシートの6人乗り仕様が良いでしょう。

 

7人乗り仕様でもセンターアームレストによって隔てることも可能ですが、座り心地や快適性を考慮すると、6人乗り仕様を選んだ方が無難と考えられます。

 


子供と祖父母が居る5~6人家族

 

 

少々大人数な家族ですと、大人数を乗せることが可能な7人乗り仕様を選びがちですが、当サイトは6人乗り仕様をおススメします。

 

上質でストレスフリーな座り心地の2列目シートには祖父母を乗せて、3列目シートに子供たちを乗せる形が一番の理想だと考えます。

 

その理由として、3列目シートの広さにはゆとりがあるとはあまり言えないので、一番後ろに大人2人が座ると少々窮屈さを感じるかもしれないからです。

 

子供が乳幼児であるご家族には、隣で面倒が見れるベンチシートがおススメなので、こちらの場合は7人乗り仕様をおススメします。


 

下取り車があればフリードが新車値引き以上に安く買える!

 

新車のフリードを安く買うなら値引きが必要ですが、下取り車があれば新車値引き以上にフリードの総支払額を下げる事が可能です。

 

方法はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用するな!?

 

フリードの新車を買うなら、一度はディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたい事は、「ディーラーの下取り金額を信用しない」ことです。

 

何故なら、ディーラーは下取り金額を低く見積もる事で下取り車を安く取る事が出来ます。

 

下取り車を安く取れれば、契約を取るため新車の値引きを多くしても、下取り車の利益の方で相殺出来てしまうので、ディーラーには損がありません。

 

また、後から下取り金額を意図的に上げて「下取りの方で頑張りました。お得なのでぜひ契約してください!」と新車販売のセールステクニックに使う事も出来ます。

 

 

ディーラーの下取り金額を上げるためにする事とは?

 

低く見積もられる事もある下取り金額ですが、簡単に上げる方法があります。

 

管理人の実体験で紹介します。

 

以前フィットシャトルを新車に買い替えるために、ディーラーで査定してもらいました。下取り金額は76万円です。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もる事を知っていたので、比較するために買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近場の買取店へ行ってもいいですが、買取店の査定サイトから申し込むと自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

そこで出た金額は、ディーラーより20万円も高いものでした。

 

再度ディーラーを訪れた時に、「買取店は96万円が相場と言ってましたよ?」とセールスさんに伝えてみました。

 

するとセールスさんは奥に引っ込んで少々待たされましたが、戻ってくると「○○さん。上の許可ももらったので今回だけ買取店さんに合わせましょう」とディーラーの下取りも96万円にアップしました!

 

この時やった事と言えば、査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

 

これで20万円もアップしたので、本当にディーラーが下取り金額を低く見積もる事はあるんだと思いましたね・・

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択もあり

 

ディーラーで金額が大幅アップしたので満足していましたが、査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

するとかなり意外な結果でした・・・

 

その時の明細です。

 

 

 

大幅に上乗せされたディーラーの金額より、さらに高い金額で買い取ってもらいました。

 

買取店で108万円なので、最初のディーラーの金額76万円と比較すると32万円も高いです。

 

もしディーラーの言う通り最初の76万円で契約していたら、32万円分損していたことになります。ちょっと怖いですよね(笑)。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込むと、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、または早く自分の車の相場を知りたい方、などにはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

1店舗だけの査定なら買取店最大手のガリバーがおススメです。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

>>ガリバーのオンライン無料査定はこちら

 

 

フリードの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのフリード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフリードを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のフリードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>フリード値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2016 ホンダ フリードを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com