フリードTOPフリード評価>フリードハイブリッドとガソリンを比較

フリードを買うならハイブリッドかガソリン車か?徹底比較してみました


フリード出典:honda.co.jp

 

フリードを買うならハイブリッドにするか、ガソリン車にするか、どちらを買うか迷う方もいるのではないでしょうか。

 

燃費が良くて先進的なハイブリッド車にするか、それとも自然なフィーリングでハイブリッドよりも安く買えるガソリン車にするか、それぞれのメリットや欠点など色々と比較してみました。

 

 

フリードハイブリッドとガソリン車の外装の違い

 

まずフリードハイブリッドとガソリン車では、外装に違いがあるのか見てみましょう。

 

※フリードハイブリッドG

 

※フリードG

 

上の画像がフリードハイブリッドで、下がガソリン車です。

 

外装の違いは、ハイブリッドにはフロントグリルの横バーがブルークローム加飾されています。ガソリン車の方は普通のブラックですね。

 

さらにヘッドライト周りのガーニッシュが、ハイブリッドではブルー、ガソリン車では色なしとなっています。

 

ハイブリッド車には、フロントフェンダーにハイブリッドエンブレムが付いています。

 

 

※フリードハイブリッドG

 

※フリードG

 

リア周りでは、リアのテールランプがハイブリッドではブルー、ガソリン車はクリアになっています。ナンバープレートの右横には、ハイブリッドエンブレムが付きます。

 

さらにホイールキャップが、ハイブリッドでは専用デザインが奢られています。

 

フリードハイブリッドには、エコを連想させるブルーのポイントが入っていますが、言われると分かるくらいの違いで、ガソリン車と比べて外装に大きな違いはありません。

 

 

フリードハイブリッドとガソリン車の内装の違い

 

内装はハイブリッドもガソリン車もグレードによって加飾や配色が変わるので、ここではハイブリッド車のみにあるインテリア装備を見てみます。

 

 

インテリアイルミネーション

 

 

フリードハイブリッドでも最上級モデルの「ハイブリッドEX」にのみ付く装備です。

 

1列目ウォークスルー照明、フロントドアライニング、助手席側インパネトレイに照明が付きます。

 

 

ハイブリッド専用セレクトレバー

 

※ハイブリッド専用セレクトレバー

 

※ガソリン車セレクトレバー

 

ガソリン車は、前後に動かしてセレクトするオーソドックスなレバーとなっています。

 

ハイブリッドのセレクトレバーは電子式になっていて、まず右側にレバーを倒してドライブなら手前に、バックなら奥に倒せばシフトポジションに入ります。

 

手首の動作だけでシフトが入るので、慣れれば非常に楽に簡単に操作できます。

 

以上のようにフリードハイブリッドとガソリン車の内装の違いは、目立つのはシフトレバーだけで大きなものではありません。

 

グレードによって内装の加飾や装備が変わるので、グレード間の違いの方が大きいかもしれませんね。

 

 

フリードハイブリッドとガソリン車のメリットは?

 

 

フリードハイブリッドのメリットは?

 

・ガソリン車よりも燃費がいいので、ガソリンスタンドに行く回数が減って月々のガソリン代も安くなる

・モーターによる駆動があるので、ガソリン車に比べて車内が静か

・ガソリン車に比べて遮音性が高い(吸音材が多い)

・環境に良い、ガソリン車よりも価格が高いので優越感がある、などハイブリッドに乗っている所有欲が満たされる

 

 

フリードガソリン車のメリットは?

 

・ハイブリッドに比べて40万円弱価格が安い

・ハイブリッドに比べて燃費は落ちるが、そこまで悪い燃費ではない

・ハイブリッドに比べてギクシャクしない自然な走行フィーリング

 

 

フリードハイブリッドとガソリン車の欠点・弱点は?

 

 

フリードハイブリッドの欠点・弱点は?

 

・ガソリン車に比べて40万円弱価格が高い

・ハイブリッド特有の出だしのもっさり感がある

・トヨタのハイブリッドに比べて始動・制動のフィーリングが今一つ(ギクシャク感がある)

・ハイブリッドシステムを収めるため1列目シート下、2列目足元に盛り上がりがある。ウォークスルーや2列目乗車時(7人乗り)には足元に違和感が残る

・ガソリンタンク容量が少ない(36L・FFモデル)ので、他社のハイブリッドに比べると、給油の頻度は多い

 

 

フリードガソリン車の欠点・弱点は?

 

・ハイブリッドに比べて燃費が悪い

・ハイブリッドに比べて遮音性に劣る

・サイドエアバッグを付けようとすると、コンビシート等とセットオプションになり、ハイブリッドGとの価格差が10万円ほどになり割高感がある

 

 

フリードハイブリッドとガソリン車の価格とコストを比較!

 

ここでは、フリードハイブリッドの燃費の良さでガソリン車との価格差を埋めるには、どの位の距離と時間が掛かるのか計算してみました。

 

 

ハイブリッドとガソリン車の価格差と実燃費は?

 

フリードハイブリッドGホンダセンシング(6人乗り)

 

車両価格:2,496,000円

平均実燃費:17.4km/L

 

フリード1.5Gホンダセンシング(ガソリン車・6人乗り)

 

車両価格:2,100,000円

平均実燃費:14.7km/L

 

ハイブリッドとガソリン車との価格差は、396,000円となっています。

 

実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

 

 

価格差396,000円を埋めるにはどの位掛かる?

 

レギュラーガソリン130円で計算

 

・ハイブリッド 17.4km/L

10000㎞÷17.4=574.7リッター

574.7×130円=74,711円

 

・ガソリン車 14.7km/l

10000㎞÷14.7=680.2リッター

680.2×130円=88,426円

 

10,000㎞走ると13,715円の差となります。

 

ハイブリッドとガソリン車の価格差396,000円の元を取るには、

 

396,000÷13,715=28.87万㎞の走行距離が必要となります。

 

年間1万キロ平均で約28年、年間2万キロで約14年、年間3万キロなら約9.6年で元が取れる計算です。

 

週末に買い物やドライブ位に使うケースでは年間1万キロも走れば良い方なので、ハイブリッドの燃費の良さでガソリン車との価格の差を埋めるのは、あまり現実的ではありませんね。

 

上記は車両価格の差のみで出しているので、税金や選択するオプションによって価格差が縮まれば、元が取れる距離や年数はもっと少なくなります。

 

もっと細かく差を見るなら、自分で必要なオプションを含めた総支払額の差で計算してみましょう。

 

 

買うならフリードハイブリッドとガソリン車どっち?

 

単純に購入から維持して売却までのトータルコストが安い方が良いなら、ガソリン車が良いでしょう。理由は3つあります。

 

ハイブリッドよりも購入価格が安い

ハイブリッドより燃費が悪くても価格差をガソリン代で相殺するには、年間1万キロ走行で約28年掛かる

ハイブリッドよりもガソリン車の方がリセールバリューが良い

 

1、2に関しては上記で解説した通りですが、3に関しては意外に思う人も居るのではないでしょうか。

 

当サイトでリセールバリューに関して調べてあるページがありますが、現状ではハイブリッドよりもガソリン車の方がリセールバリューは良いです。なので、売却時の損失額はガソリン車の方が少なく済むでしょう。

(詳しくは3年後のフリードのリセールバリューランキングをご覧ください。)

 

しかしトータルコストがガソリン車より高くても、ハイブリッドに乗りたいと思う理由があるなら、ハイブリッドを選べばいいと思います。

 

ハイブリッドならではの静かな車内や、先進性を感じるメカニカルな音、モーターによる力強いトルクなども魅力でしょう。

 

上記のメリットで挙げた、ガソリンスタンドに行く頻度が減ったり、日々のガソリン代が安いのも魅力です。

 

トータルコストの安いガソリン車を選ぶか、ハイブリッド車の魅力を優先してハイブリッドを選ぶか、このページを参考にフリード購入の参考にしてみて下さい。

 

ちなみに管理人なら、ガソリン車を選びます(笑)

 

一度もハイブリッドに乗った事がなければ、ハイブリッドを選ぶかもしれませんが、以前ハイブリッド車を所有した事もありますし、5年周期で買い替えるのでコスト重視でガソリン車を選ぶと思います。

 

どちらを選ぶにせよ、ディーラーでフリードのハイブリッドとガソリン車両方に試乗して、じっくり検討すると良いでしょうね。

 

 

下取り車があればフリードが新車値引き以上に安く買える!

 

新車のフリードを安く買うなら値引きが必要ですが、下取り車があれば新車値引き以上にフリードの総支払額を下げる事が可能です。

 

方法はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用するな!?

 

フリードの新車を買うなら、一度はディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたい事は、「ディーラーの下取り金額を信用しない」ことです。

 

何故なら、ディーラーは下取り金額を低く見積もる事で下取り車を安く取る事が出来ます。

 

下取り車を安く取れれば、契約を取るため新車の値引きを多くしても、下取り車の利益の方で相殺出来てしまうので、ディーラーには損がありません。

 

また、後から下取り金額を意図的に上げて「下取りの方で頑張りました。お得なのでぜひ契約してください!」と新車販売のセールステクニックに使う事も出来ます。

 

 

ディーラーの下取り金額を上げるためにする事とは?

 

低く見積もられる事もある下取り金額ですが、簡単に上げる方法があります。

 

管理人の実体験で紹介します。

 

以前フィットシャトルを新車に買い替えるために、ディーラーで査定してもらいました。下取り金額は76万円です。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もる事を知っていたので、比較するために買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近場の買取店へ行ってもいいですが、買取店の査定サイトから申し込むと自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

そこで出た金額は、ディーラーより20万円も高いものでした。

 

再度ディーラーを訪れた時に、「買取店は96万円が相場と言ってましたよ?」とセールスさんに伝えてみました。

 

するとセールスさんは奥に引っ込んで少々待たされましたが、戻ってくると「○○さん。上の許可ももらったので今回だけ買取店さんに合わせましょう」とディーラーの下取りも96万円にアップしました!

 

この時やった事と言えば、査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

 

これで20万円もアップしたので、本当にディーラーが下取り金額を低く見積もる事はあるんだと思いましたね・・

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択もあり

 

ディーラーで金額が大幅アップしたので満足していましたが、査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

するとかなり意外な結果でした・・・

 

その時の明細です。

 

 

 

大幅に上乗せされたディーラーの金額より、さらに高い金額で買い取ってもらいました。

 

買取店で108万円なので、最初のディーラーの金額76万円と比較すると32万円も高いです。

 

もしディーラーの言う通り最初の76万円で契約していたら、32万円分損していたことになります。ちょっと怖いですよね(笑)。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込むと、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、または早く自分の車の相場を知りたい方、などにはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

1店舗だけの査定なら買取店最大手のガリバーがおススメです。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

>>ガリバーのオンライン無料査定はこちら

 

 

フリードの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのフリード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフリードを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のフリードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>フリード値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2016 ホンダ フリードを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com