フリードTOPフリード評価>フリード人気オプション

新型フリードでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!


フリード:honda.co.jp

 

「運転しやすいサイズでなおかつ室内空間にもゆとりあるコンパクトミニバン」として、ステップワゴンのようなミニバンでは少々大きすぎると考えているユーザーをターゲットにしているフリード。

 

ファミリーカーとして充実したカーライフを楽しむには、自分に合ったオプションの装着が不可欠です。

 

でも、みんなはいったいどんなオプションを選んでいるのか気になりますよね?

 

そこでメーカーオプションとディーラーオプションの中から人気の用品やカーナビを選んでみました。

 

 

フリードのおすすめメーカーオプションは?

 

エクステリアのおすすめ社外メーカーオプションは?

 

〇無限スタイリングセット 181,440円

 

セット内容
・フロントアンダースポイラー
・サイドスポイラー
・リアアンダースポイラー

 

 

スポーツグリル 64,800円

 

ミニバンのフリードにエアロパーツ?と思うかもしれません。

 

事実、ディーラーオプションのエアロパーツは大人し目で、メーカーオプションに至ってはスポイラーでさえ設定がありません。

 

そこで注目したいのは、ホンダ車のチューニングパーツでおなじみの「無限」製のエアロキットです。

 

フロントアンダースポイラー/サイドスポイラー/リアアンダースポイラーの3点セットはもちろん迫力があり、ファミリーカーのフリードのイメージを一変しますが、さらに加えたいのがスポーツグリルです。

 

もはやフリードと認識するのが不可能なほどの豹変ぶりで、スポーツグリルだけでも選ぶ価値があり、絶対おすすめです。

 

 

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

 

〇Cパッケージ48,600円

 

 

コンフォードビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+熱戦入りフロントウインドウ+フロントドア撥水ガラス)に、さらにプラズマクラスター搭載のフルオートエアコン、スライドドアロールサンシェイド、IRカット〈遮熱〉 /UVカット機能付フロントウインドウ+IRカット〈遮熱〉 /スーパーUVカットフロントドアガラスを加えたセット。

 

役に立つアイテムとわかりながらも、細かすぎて良くわからない装備ですが、セットにすることで全部ついてくるならと、選ぶ人も多いはずです。

 

プラズマクラスター付きのフルオートエアコンと、ロールサンシェイドが欲しいなら、自動的に他の装備もついてきて、得した気分になれます。

 

 

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

 

〇1列目シート用 i-サイドエアバッグシステム+ サイドカーテンエアバッグシステム 〈1~3列目シート対応〉48,600円

 

 

側面衝突時、センサーが衝撃を感知すると展開し、高い乗員保護性能を発揮します。

 

家族を後席に乗せる機会の多いミニバンのフリードだからこそ必要な装備です。

 

Honda SENSINGに加えることで、あらゆる危険に備えることができます。

 

 

その他のおすすめメーカーオプションは?

 

〇Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器 242,400円

 

 

・高精細7インチワイドディスプレイ
・リアワイドカメラ(3ビュー切り替え式)
・ETC車載器(ナビゲーション連動)
・Bluetooth®対応ハンズフリーテレホン機能
・ナビ・オーディオリモートコントロール+音声認識
・Apple CarPlay対応

 

インターナビとは、普通のカーナビでは把握できない渋滞情報、災害情報、安否情報など、多彩な情報を提供するホンダ独自の「通信型ナビ」です。

 

インターナビ装着車が集める “リアルタイム交通情報”+“全国のVICS情報”で高精度なルートを算出し、自車の近くやルート上にある防災情報をカーナビやスマートフォンアプリにタイムリーに通知します。

 

そして、通信費はホンダが負担してくれます。

 

交通情報や防災・気象情報を無料で取得できます。

 

 

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

 

〇右側パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/ タッチセンサー/挟み込み防止機構付) 54,000円

 

Honda SENSINGが装備されない「G」グレードにだけは、右側電動スライドドアが装備されません。

 

予算の都合でどうしてもGグレードにするのなら、両側パワースライドドアにすることもあきらめても良いかもしれません。

 

 

フリードのおすすめディーラーオプションは?

 

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇エアロバンパー(フロント) 66,960円

 

 

ライバルのトヨタシエンタに比べて大人しすぎると言われるフロントフェイスが、このエアロバンパー一つで大変身。

 

迫力あるデザインが力強いフロントフェイスを演出します。

 

この純正パーツらしからぬデザインが好評で、男性ユーザーを中心に人気を集めています。

 

ご家族のためにフリードを選ぶことになったご主人も、これだけはオプションで付け加えることを許してもらいましょう。

 

 

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇プライバシーシェード 41,040円

 

 

フロントウインドウ(フロントドアウインドウ左右含む)+サイドウインドウ(リアクォーター含む)左右+テールゲートウインドウのセット。

 

キャンプも、車中泊にも使える「暮らせるフリード」に大変身。プライバシーを守りながら、車中でゆっくり休むことができます。

 

さすが純正パーツだけあって、まるでテントのように、一部の隙もなく外部からの視線をシャットアウトします。

 

車中泊だけでなく、着替えの際にも活躍しそうです。

 

 

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇リアワイドカメラシステム(カラーCMOSカメラ約120万画素) 29,160円

 

本体 21,600円
取り付けアタッチメント 7,560円

 

バックでの駐車に不安を感じている人の多くが、意外に安いこともあって、ナビを付けるならほとんどのユーザーが選んでいるオプションです。

 

セレクトレバーを [ R ] の位置に入れると、自動的に画面がカメラ映像に切り替わり、後退時にガイド線付きの画面で後方の視界をサポートします。

 

 

また、画面に表示されるビュー切り替えボタンを操作することで、ノーマルビュー、ワイドビュー、トップダウンビューの切り替えが可能になり、ガイド線なしも選択可能となります。

 

 

その他のおすすめディーラーオプションは?

 

〇11インチ リア席モニター(W-VGAモニター・ルーフ取付タイプ 97,200円

 

 

本体 86,400円
取付アタッチメント 10,800円

 

快適なフリードの室内であっても、渋滞中などではお子さんは飽きてしまうのは仕方のないこと。

 

そこで活躍するのが迫力の大画面11インチ フルフラットデザインのモニタです。

 

ナビゲーションと組み合わせることで、走行中でも後席で地上デジタル放送やDVDビデオなどの映像も楽しめ、便利なLEDルームランプ、HDMIの映像も楽しめる入力端子付きになっています。

 

72,360円の9インチタイプも用意されています。

 

 

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

 

〇合皮製フルカバータイプシートカバー 73,440~81,000円 (フリード+用 54,000円)

 

落ち着きのあるタンとアイボリーを、質感高い風合いに仕上げ、フリード(2列目キャプテンシート)用にはヘッドサポートキット(2個)が付きます。

 

さすが純正品だけあってピッタリとフィットしていますが、正直言って本革シートには見えません。

 

標準のシート地の方がセンスが良いのは確実です。

 

この値段があれば、ネット通販でフリード専用の社外品がもっと割安に購入できます。


 

下取り車があればフリードが新車値引き以上に安く買える!

 

新車のフリードを安く買うなら値引きが必要ですが、下取り車があれば新車値引き以上にフリードの総支払額を下げる事が可能です。

 

方法はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用するな!?

 

フリードの新車を買うなら、一度はディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたい事は、「ディーラーの下取り金額を信用しない」ことです。

 

何故なら、ディーラーは下取り金額を低く見積もる事で下取り車を安く取る事が出来ます。

 

下取り車を安く取れれば、契約を取るため新車の値引きを多くしても、下取り車の利益の方で相殺出来てしまうので、ディーラーには損がありません。

 

また、後から下取り金額を意図的に上げて「下取りの方で頑張りました。お得なのでぜひ契約してください!」と新車販売のセールステクニックに使う事も出来ます。

 

 

ディーラーの下取り金額を上げるためにする事とは?

 

低く見積もられる事もある下取り金額ですが、簡単に上げる方法があります。

 

管理人の実体験で紹介します。

 

以前フィットシャトルを新車に買い替えるために、ディーラーで査定してもらいました。下取り金額は76万円です。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もる事を知っていたので、比較するために買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近場の買取店へ行ってもいいですが、買取店の査定サイトから申し込むと自分の車の概算相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

そこで出た金額は、ディーラーより20万円も高いものでした。

 

再度ディーラーを訪れた時に、「買取店は96万円が相場と言ってましたよ?」とセールスさんに伝えてみました。

 

するとセールスさんは奥に引っ込んで少々待たされましたが、戻ってくると「○○さん。上の許可ももらったので今回だけ買取店さんに合わせましょう」とディーラーの下取りも96万円にアップしました!

 

この時やった事と言えば、査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。

 

これで20万円もアップしたので、本当にディーラーが下取り金額を低く見積もる事はあるんだと思いましたね・・

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択もあり

 

ディーラーで金額が大幅アップしたので満足していましたが、査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

するとかなり意外な結果でした・・・

 

その時の明細です。

 

 

 

大幅に上乗せされたディーラーの金額より、さらに高い金額で買い取ってもらいました。

 

買取店で108万円なので、最初のディーラーの金額76万円と比較すると32万円も高いです。

 

もしディーラーの言う通り最初の76万円で契約していたら、32万円分損していたことになります。ちょっと怖いですよね(笑)。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込むと、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、または早く自分の車の相場を知りたい方、などにはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

1店舗だけの査定なら買取店最大手のガリバーがおススメです。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

>>ガリバーのオンライン無料査定はこちら

 

 

フリードの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのフリード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がフリードを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のフリードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>フリード値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2016 ホンダ フリードを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com