ホンダ フリード/プラス/ハイブリッド モデルチェンジ推移2016年9月16日

ホンダニュースリリースより

 

-----


新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を発売

 

 Hondaは、新型「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を、9月16日(金)より発売します。
新型フリード/フリード+は、「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバン※1として開発されました。先代フリードで好評の「ちょうどいい」を、さらに進化させたクルマとなっています。


3列シート車のフリード、2列シート車のフリード+、そして福祉車両を用意し、多様なニーズに応えるべく16通りのワイドなバリエーションを揃えました。コンパクトミニバン初※2のハイブリッド4WD車に加え、車いす仕様車にもハイブリッドを設定しています。


さまざまなシーンに対応する多彩なシートアレンジが可能な、コンパクトミニバンクラストップ※2の広い室内空間を確保。さらにフリード+では、荷室を超低床化することで使い勝手を向上させ、車中泊も可能なフラット空間と、床下収納を同時に実現しました。


さらに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をタイプ別に設定し、安心感を高めました。
ハイブリッド車にはSPORT HYBRID i-DCDを採用し、ミニバントップレベル※3の27.2km/L(JC08モード)※4という優れた低燃費とともに、多人数乗車時の坂道でも、力強い走りを実現します。


テレビCMには、蛯原友里さん、徳井義実さん(チュートリアル)を起用し、キャッチコピー「知るほど!乗るほど!フリード!」とともに、フリードの魅力を日本全国の皆様にお届けします。


*「FREED」車名の由来:Freedom(自由)からの造語で、どこまでも自由な発想で追い求めたいという想いに加え、Free(自由)+do(行動する)という意味合いも込めています
*フリード+とは:フリードのもつ基本価値(取り回しの良さ、コンパクトサイズなど)に加えて、新たな使い方や利用シーンを創造する独創的な機能を「プラス」することで、クルマのある生活に新たな可能性をもたらしたいという想いからフリード+とネーミング


※1コンパクトミニバン:5ナンバーサイズ、1000〜1500cc、主要グレードが150〜250万円程度のミニバンを指します
※22016年9月現在、Honda調べ
※32016年9月現在。6人乗りミニバンとして。Honda調べ
※4フリード HYBRID B(FF)/フリード HYBRID G・Honda SENSING(FF/6人乗り)
フリード+ HYBRID B/フリード+ HYBRID G・Honda SENSING(FF)の国土交通省審査値
装着するメーカーオプションによって燃料消費率は異なる場合があります

 

●販売計画台数(国内・月間)

6,000台

 

○ボディーカラー(全9色)
ブルーホライゾン・メタリック(新色)
シトロンドロップ(新色)
コバルトブルー・パール
プレミアムディープロッソ・パール(有料色)
マンダリンゴールド・メタリック
ホワイトオーキッド・パール(有料色)
ルナシルバー・メタリック
モダンスティール・メタリック
クリスタルブラック・パール

・有料色は32,400円(消費税8%抜き 30,000円)高

 


◆新型フリード/フリード+の主な特長

■パッケージング

 

<フリード>

・1〜3列目ヒップポイント間距離を先代フリードより90mm拡大し、全列で大人が快適に過ごせる広々したスペースになっています。6人乗りの3列シート車はキャプテンシートを採用し、先代フリードより120mm拡大した360mmのロングスライドを実現。6人乗り、7人乗りともに、1列目・2列目フラットモード、2列目・3列目フラットモードなど多彩なシートアレンジを可能としています
・ウォークスルー幅を1列目で50mm、2列目で25mm拡大し、ウォークスルーしやすくなりました
・先代フリードよりスライドドア開口幅を20mm広げて665mmとし、ステップ高を15mm下げ390mmとすることで、乗降性が向上しました
・特徴的なフロントウインドウにより、ドライバーの見上げ角を向上し、視界を大幅に拡大※6
・大きなフロントコーナーウインドウと、さらに細くしたフロントピラーにより、斜め前方視界も向上し、運転に安心感をもたらすとともに、開放的な室内空間を実現しています※6
・最小回転半径5.2mと小回りがきき、都市部などの狭い道路での取り回しに寄与します※6

※6フリード+も同様

 

<フリード+>

・最大の特徴はフリードスパイクから185mm低くし、開口部地上高335mm(FF車)の超低床化を実現した荷室。背の高い荷物も載せられます
・シートアレンジは6:4分割のダブルフォールダウン機構を採用し、フルフラット化を実現しました
・車中泊機能はさらに進化し、軽量・高強度のユーティリティボードを使ってシートアレンジをすれば、セミダブルサイズのマットレスが敷けるフラットスペースが出来上がります。さらにフラットスペースの下は床下収納として使えます


■インテリア

・フリードは、「Natural Modern Interior」をコンセプトにリゾートのようなリラックスできる空間を目指し、見ても触れても心地よいシートファブリックやぬくもりを感じるリアルな木目調パネルを採用しています
・フリード+は、「Wonder Pack Interior」をコンセプトに幅広い使用シーンを想起できる「ツール感」を表現。立体的に見えるブロック柄のシートファブリックやハイコントラストなメタル調パネル、モノトーン基調のインテリアカラーにより、3列シート車とは異なる世界観を表現しています
・メーターの薄型化と遠方への配置により、少ない視線移動でメーターを確認でき、前方の運転視界も向上
・エアコンコントロール部と連動するメーターの照明色を6色から選択可能です。また、エアコンコントロール照明部は温度を上げるとレッドに、下げるとブルーに変化する光のアンサーバック機能を採用し、使い勝手の向上も図っています
・さらに、質感を高めた照明を様々な場所に配置するなど、従来のコンパクトミニバンクラスよりワンランク上の心地よさを実現しています


■エクステリア

・「Dynamism and Functionality」をテーマに、躍動感、機能性を融合させ、ドライバーズカーとしての魅力を追求しました
・リアクォーターパネルでは、スライドレールカバーの分割線を目立たなく処理し、ボディーの塊感や一体感を高めています
・フリード+のテールゲート下端処理は、フリードのデザインイメージを保ちつつ超低床フロアに対応した見切りラインを成立させています
・また、全タイプにおいて、ワンスタイリングとしました。16バリエーションから、生活スタイルに合った1台を選べます


■パワートレイン

・ガソリン車は1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン+高効率CVT、ハイブリッド車では1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジン+1モーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)搭載のSPORT HYBRID i-DCD(intelligent Dual-Clutch Drive)を採用。いずれも多人数乗用に最適なセッティングを施し、走りと低燃費のハイバランスを実現しています
・燃費は、ガソリン車では19.0km/L(JC08モード)※7、ハイブリッド車ではミニバントップレベル※3の低燃費27.2km/L(JC08モード)※4を達成しました
・ハイブリッド車用モーターには、世界初※8の重希土類完全フリーのネオジム磁石を採用しています
・ハイブリッド車では従来3列目シート下にレイアウトされていたIPUを小型化し、1列目シート下に搭載することでスペースが生まれました。これにより車いす仕様車を新たにラインアップでき、また、IPUを専用設計することでコンパクトミニバン初※2のハイブリッド4WD車の設定も実現しました
・新型フリードではリアルタイムAWDを採用し、滑らかな走りと電子制御のディファレンシャルにより、雪上での走破性を向上し、安心感を高めています

※7ガソリン車(FF)の国土交通省審査値
※8大同特殊鋼、Honda調べ


■シャシー、ボディー

・ボディー骨格はハイテン材適用率を上げ、剛性を向上。3列ガソリン車をベースとした骨格は最小限の専用パーツを置換するだけでハイブリッド車や2列シート車/車いす仕様車のボディーまで対応するマルチシェル骨格を採用しています
・高剛性リアサスペンションや液封コンプライアンスブッシュの採用により、剛性や乗り心地を向上し、ドライビングの楽しさや安心感を高めています
・エクステリア造形の調整に加え、タイヤ回り、ボディー底面の流れをスムーズに整流することで、ミニバントップレベル※9の空力性能を達成しています
・静粛性は加速時、クルーズ時いずれのシーンでも向上を図り、会話のしやすい快適な車内空間を実現しました

※9Honda測定値


■快適装備

・助手席インパネトレイ、インパネアッパーボックスなど使いやすい収納スペースを数多く配置しました
・誘導照明付のスタートスイッチを採用したスマートエントリーを標準装備。スマートフォンと連動する新機能も追加し、さらに便利になったHondaインターナビをタイプ別に用意しています
・交通信号の情報をもとに、より安全で円滑な走行をサポートする「信号情報活用運転支援システム」を装備しました(ディーラーオプションのVICS光ビーコンユニットが必要)


■Honda SENSING

・ドライバーにより高い安心と快適を提供するために先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを搭載しました(タイプ別装着)


■福祉車両

・フリード+のボディーをベースに車いす仕様車を設定。二段ヒンジ付スロープにより、日常での使い勝手を向上させました
・車いす仕様車のほか、フリードではサイド/助手席リフトアップシート車も設定。それぞれの用途に応じて選んでいただけます



・価格(消費税込み)

フリード

1,880,000-2,728,200円

 

フリード+

1,900,000-2,748,200円

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2016 ホンダ フリードを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com