新型フリード/プラス/ハイブリッドを安く買うには?

フリードを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、フリードを底値で買う方法を紹介します!

 

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります・・・簡単なので是非実践しましょう!

新型フリード/+(プラス)の最新目標値引き額と2017年12月の値引き動向

新型フリードの最新値引き動向

 

2017年12月のフリードの値引き動向は、先月に続き引き締められていません。12月は年末商戦に入るため週末にはディーラーでフェアやキャンペーンが行われます。12月の成績になる「年内登録」を条件に交渉すれば、フリードの値引きも期待できるでしょう。12月の新型フリードの値引きは、オプションからの値引きを含めた合計で25万円を目指しましょう。

 

11月以前のフリードの実例値引きは、オプション値引きを含めて30万円を超える値引き報告が複数ありました。

 

大人しく商談するとフリードの値引きは10万円くらいでストップしてしまいます。30万円以上の値引きが出ているトヨタのシエンタとの競合や、系列違いのホンダディーラー同士の競合で値引きを引き出しましょう。

 

フリードの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。

 

今月(2017年12月)の車両からの目標値引き額18万円+オプション30万円からの値引き6万円総値引き24万円が合格ラインになります。

 

以下の値引き交渉術を実践すれば、フリードから実例値引き額並みの、あるいはそれ以上の値引きが可能になります!

 

実際にフリードを購入した方の実例値引き額を掲載しています。フリードの目標値引きの参考にしてください。

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけフリードが安く買えると言うことになります。

 

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

 

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

 

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

 

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

 

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

 

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。これは本当に勿体無いです。

 

ディーラー下取りで損してる!?

 

ディーラー下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

 

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

 

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

 

おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、どこよりも台数を多く買い取る事により高価買取が可能です。代車の無料サービスもあり。ガリバーの高額査定はこちらから。

 

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

値引きに適した交渉時期

値引きに適した交渉時期

 

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」、などがそうです。

 

この中で特に値引きが大きくなるのは年度末決算期と中間決算期です。決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。この時期は特別な値引きも珍しくありません。

 

もちろんボーナス商戦もキャンペーンなどを展開して、値引きを引き出しやすい時期になります。

 

これらの時期にフリードを買うタイミングなら、是非大幅値引きで購入しましょう!

 

 

新型フリード/プラスの納期は?2017年12月現在

 

新型フリードの納期は?

 

新型フリード納期:1~2ヶ月

 

グレードによって異なりますが、新型フリードの納期は通常の納車期間となっています。

(ガソリン:5/13契約→6月中旬納車、4/15契約→6/6納車、5/14契約→6/24納車)

(ハイブリッド:3/11契約→4/29納車)

 

フリードの競合車の設定とディーラーをリストアップ

競合車の設定とディーラーをリストアップ

 

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「フリードか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

 

フリードの最大のライバル車はトヨタのシエンタです。シエンタと競合させれば、フリードから値引きを引き出す効果が非常に高いでしょう。

 

その他の車種でもフリードと同価格帯の車種で自分の使用目的に合っていれば、競合車になります。

 

またディーラーを経営する法人が異なれば、ホンダディーラー同士の競合も可能です。同地域のホンダ同士の競合に加えて、可能であれば越境して隣県のホンダとも競合させましょう。

 

県が違えば基本的に経営する会社も異なるので、競合が可能になります。ホンダのHPで経営の異なるディーラーを調べて、同士競合させましょう。

 

フリードのライバル車のディーラーとホンダディーラーを出来れば複数リストアップして商談に備えましょう。多くのディーラーと商談する事により、ノルマ達成が厳しい値引きしてでも売りたいディーラーや営業マンに出会う確率が高くなります。

ディーラー初回交渉

ディーラー初回交渉

 

初回の交渉では、特に値引きの話をこちらからする必要はありません。フリードの試乗や現車のチェック、営業さんとの顔合わせ的な感じで十分でしょう。

 

その際営業さんの方から値引きの話をしてこなければ、ひと言「値引きはどうですか?」とか探りを入れてみてもいいかもしれません。その反応を見て今後のディーラー巡りの優先度を検討していきましょう。

 

・その車種が本命かどうかは伏せておく
・他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
・予算を聞かれても具体的な金額は言わない
・初回の商談は短時間でOK

2回目交渉

ディーラー2回目交渉

 

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。

 

競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。そうして出た条件をフリードにぶつけて、値引きを引き出します。

 

フリードから値引きを引き出すコツは、どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。

 

そして、限界付近の値引き額を引き出します。

 

と言っても難しい駆け引きや話術は必要ありません。

 

どれにするか迷っている出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えれば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

 

フリード同士の競合は前半で仕掛けるとホンダ同士で牽制しあって値引きが伸びないことがあるので、交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。

 

・どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
・値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
・フリード同士の競合はまだ控える
・ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを!

ダメ押し交渉

ダメ押し交渉

 

二回目以降の交渉でライバル車との競合である程度フリードから値引き額を引き出したら、ホンダ同士の競合に切り替えます。


一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

 

「自分はシエンタに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、フリードにしようと言う事になりました。

 

でも自分はシエンタにまだ未練があります。シエンタを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のホンダでも商談しました。

 

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて)


これをそれぞれのホンダで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業さんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他は断ります」などと言って、ちょっと無理かな?と思う金額を要求して見ます。

 

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみましょう。


「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ドライブレコーダーをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると良いでしょう。


また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。

 

それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺してフリードの契約となります。

 

・ある程度値引きを引き出したら、フリード同士の競合に切り替える
・競合後、狙いを絞ったディーラーへハンコを武器に最後の交渉
・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
・ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

フリードを誰よりも安く買う最終段階!

 

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

 

最後に複数の買取店に査定してもらい、さらに査定額の上乗せを目指します。

 

そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにフリードを安く買える事になります。


その方法は、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業さんに伝えます。

 

契約が条件で申し出ればほとんど了承してくれるでしょう。OKになればこれで納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

 

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

 

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

 

カービューや「かんたん車査定ガイド」「カーセンサー簡単ネット査定」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

 

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

 

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

 

もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

 

・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

 

以上がフリードを限界値引きの底値で買うための方法です。

 

何も知らずにディーラーの言う通りに決めてしまうと、簡単に数十万円フリードを高く買ってしまう事になります。

 

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでフリードを購入しましょう!

 

 

フリードの乗り出し価格(総額)は?

 

グレード

フリード ハイブリッドG ホンダセンシング

 

車両価格(消費税込)

2,598,600円(メーカーオプション込)

 

メーカーオプション品名

ホワイトオーキッド・パール、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動)

 

ディーラーオプション名

フロアカーペットマット、ドアバイザー、オートリトラミラー、テールゲートスポイラー、9インチ プレミアムインターナビ VXM-175VFNi ナビスペ用、フェイスパネルキット、ナビ取付アタッチメント、ドライブレコーダー

約462,412円(工賃込み)

 

諸費用(税金・登録ほか)

約117,220円

 

フリード車両値引き(2017年12月1日目標値)

▲180,000円

 

ディーラーオプション値引き(20%引き)

▲92,000円

 

フリード乗り出し価格(総額)

2,900,000円(端数カット)

 

 

フリードを残価設定クレジット(残クレ)で買うと値引きが多くなる!?

 

フリードを残価設定クレジットで買うと値引きが多くなる!

 

もし残価設定ローンでフリードの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

 

5年後の残価とフリードの買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

 

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでフリードを購入するケースが増えています。

 

残価設定ローン見積もり

※実際のフリードの残価設定ローンの見積書

 

フリードの残価設定クレジットは最終回の支払に残価を持ってくる事で月々の支払額を抑えられる購入方法です。

 

たとえば頭金がなくても、月々の支払額が抑えられるのでフリードを買う際の人気の購入方法となっています。

 

以下で残価設定クレジットのメリット・デメリットを紹介しましょう。

 

 

残価設定ローンのメリット

 

フリードの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③通常のディーラーローンよりも残価設定の方が金利が安い
④フリードの値引きが多くなる

 

頭金が無くても月々の支払額を安く出来るので、中古のフリードを検討していた人が新車購入に切り替えたり、もしくはちょっとアップグレードしたフリードも購入対象に入ってきます。

 

また残クレには通常のディーラーローンよりも金利が安いことも嬉しいメリットの一つと言えるでしょう。

 

さらに残クレでフリードを購入することにより、フリードの値引きが多くなるんです。

 

 

残価設定ローンのデメリット

 

フリードの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料は高い
②走行距離等が規定より多ければ残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はフリードを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

 

残価設定ローンにはデメリットもありますので、まずはデメリットがどういったものなのかしっかり把握しておきましょう。

 

残価設定ローンは分かりやすく言うと、「〇年後に〇〇万円であなたの買ったフリードを引き取りますよ」という約束で契約をするものなのですが、気をつけなければならないのは走行距離や内外装の状態など規定があるんです。

 

契約走行距離よりもオーバーしてしまった、車をぶつけてしまった、というような場合にはマイナス査定となってしまいますのでディーラーに引き取ってもらう際に追い金を払うことになります。

 

また金利が残価分にかかってしまうというのは、その「〇年後」に引き取ってもらう分の「残価」にまで金利が及んでしまう、ということです。

 

ですので、月々の支払には実際に支払う分だけの金利ではなく、残価を含めた総額分の金利に対して支払いをしなければなりません。

 

しかし③と④については実は誤解している人がほとんどなんです。

 

残クレでローンを支払っている間でもフリードを売ることはできますし、ローンが終わったときにはディーラーに返さなくてもいいんです。

 

 

残クレが終わったらフリードをディーラーへ返さないとダメ?

 

フリードを残価設定ローンで購入すると、契約終了後は以下のプランがある事を説明されると思います。

 

①新車に乗り換える

②フリードにそのまま乗り続ける(一括で支払・再クレジットで支払い)

③フリードを返却して終了

 

よく皆さん勘違いされているのは「残クレはローンが終わったらまたフリードをホンダディーラーへ返さないといけない」と思っていることではないでしょうか?

 

実はそんなことないんです。

 

走行距離も過分なく、内外装もきれいに乗っていたら、ぜひ一度買取店へ持って行ってみましょう

 

もっと高くうれないの?

 

走行距離や内外装の状態が契約の規定範囲内であってもディーラーへ返却すると、基本的には残価分のプラスマイナスゼロでの引き取りとなります。

 

だけど、状態の良いフリードなら買取店へ持っていくとディーラーへ返却するよりも高く買い取ってくれる場合がほとんどなんです。

 

そして、買取店で残価分より高くフリードが売れたら、その分次の新車購入の資金に充てたり、次に買う車をグレードアップすることも出来るのです。

 

もちろん差額で戻ってきたお金はあなたのものですから、旅行へ行ったりおいしいものを食べたり、使い方はあなた次第です。

 

 

残価設定ローンの途中でもフリードが売れる!

 

残価設定ローンを組んでしまうと、ローンの契約が終わるまでは「ずっと同じフリードに乗り続けなければいけない・・・」と思っている人も多いですが、それも違います。

 

あるいは、「一括返済出来たら、新車に乗り換えられるのになぁ・・・」と思っていませんか?

 

実は、残価設定ローンの途中でもフリードを売ることはできるんです。

 

面倒な手続きも、自腹で残りのローン一括返済も必要ありません。

 

なぜなら、面倒な残価分の清算や書類の手続きなどは買取店が無料で行ってくれるからです。

 

 

フリード残価設定ローンを売却時までシミュレーション

 

フリード G ホンダセンシングに、ホワイトオーキッド・パール、ナビ装着用スペシャルパッケージ、LEDヘッドライトのメーカーオプションに、スタンダードナビ、ドライブレコーダー、ドアバイザー、フロアカーペットをディーラーオプションで付けてみました。

 

カラーはホワイトやブラックがやはり中古車市場では安定した人気なので、カラーにこだわりがなければパールホワイトやブラックなど多少オプション料を払っても、それ以上のプラス査定額がつくこともあります。

 

5年の残価設定クレジット(残クレ)で購入したとしましょう。

 

グレード名 フリード G ホンダセンシング
総支払額(値引き25万円) 2,460,000円
頭金(諸費用分が必要) 0円
5年後の残価 755,801円
残クレ月々の支払額(60回) 34,858円×初回
33,700円×58回
最終回755,801円
5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
755,800円

5年後ディーラーへ返却

±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
5年後のフリードの買取相場
1,200,000円
5年後買取店へ売却 1,200,000-755,800=444,200円
約44.4万円が手元に残る

 

5年後のディーラーと買取店の差!?

 

5年後のフリード G ホンダセンシングの残価は、約75.5万円に設定されています。

 

たとえば、月々平均して1,000kmの走行距離で車体本体や内装もキレイな状態なら買取店へ依頼すれば120万円の査定がつくこともあるのです。

 

しかし、ディーラーへそのまま返却となれば、よほどコンディションが良くない限り、基本的にはプラスマイナスゼロの75.5万円での引き取りとなります。

 

もしも、買取店が120万円で買い取ってくれた場合、なんと44万円も高く買い取ってくれるのです!

 

買取店での査定額を知らずにそのままディーラー返却となっていたら、44万円も損をしてしまうことになってしまいます。

 

しかし残価設定ローンを利用すると金利が大きい分ディーラーへのマージンも多くなり、フリードの値引き交渉もしやすくなるのです。

 

残クレでフリードを購入する際には、いつもより強気で値引き交渉をしてみても、ディーラーは案外すんなりと応じてくれるかもしれません。

 

残クレでフリードを購入するなら、このページを参考に是非大幅値引きで購入しましょう。

 

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、残価が270万円でした。

 

4年後の査定は?

ディーラー→本来260万だが特別に270万円

買取店→320万円

 

その差50万円で買取店に売れました!

 

残クレ終了時や途中でフリードを売る場合でも、ディーラーだけでなく買取店にも査定してもらわないと、大きく損してしまうでしょう。

 

 

残価設定クレジットに有利!高く売れるフリードの条件は?

 

高く売れるフリードの条件は?

 

同じフリードでも、グレードやボディカラー、メーカーオプションなどで下取り金額は大きく上下します。

 

残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されていません。

 

不人気色やリセールの低いグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もあります。

 

反対に人気色や人気グレード、人気のメーカーオプションが付いているフリードなら、買取店の方が高くなります。

 

ここでは売る時に有利になるフリードの条件を紹介します。

 

フリードで高く売れるグレード

1位 Gホンダセンシング 

2位 G

3位 ハイブリッド Gホンダセンシング

4位 ハイブリッドEX

 

※4WD

高く売れるボディカラー

ホワイトオーキッド・パール

ブラック

高く売れる装備

両側電動スライドドア、大画面ナビ

 

フリードの中古車市場で人気の車種はガソリン車のフリードGホンダセンシングです。

 

フリードの買取相場を見てみると、ハイブリッド車はガソリン車に比べると新車価格と買取価格に幅があり、あまりリセールバリューが良くない傾向です。

 

少しでも高価買取を狙うなら、ガソリン車で尚且つ人気の両側電動スライドドア、大画面ナビなどをつけておくと中古車査定でも良い査定がつきます。

 

カラーもこだわりがないのでしたら、中古車市場でも根強い人気のホワイトオーキッド・パールやブラックが査定にもプラス要素になります。

 

またフリードは4WDも中古車市場では高い値段がつく傾向にあるので、雪の多い地方に住んでいる人やアウトドア派で4WDの購入も考えている方には良い検討材料でしょう。

 

 

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、フリードを残クレで購入もあり!

 

残価設定ローンは「ローンが終わったらディーラーへ返却しなければならない」というイメージを抱いている人も多いですが、上記で説明したように必ずしもディーラーへ返却する必要はありません

 

確かに、残価設定ローンは返却時に残る「残価」にまで金利手数料がかかってしまうので、毎月の支払に利息が含まれていることが気になる人もいるでしょうが、残価設定ローンはディーラーローンよりも元から安い金利設定になっているので、そこまで大損をしているわけではありません。

 

また残クレでフリードを購入するとディーラーでの値引き交渉も一段としやすくなるので、当初の目標値引きよりさらに高値の値引きで交渉することも可能になります。

 

たとえば、走行距離も規定内で事故歴もないフリードをディーラーへ返却すれば、状態が良くても残価分でプラスマイナスゼロで終わってしまう傾向が強いですが、それを買取店へ持っていけば残価分よりも高く買い取ってくれるのです。

 

ただし、上で説明したように「走行距離」と「事故歴」だけは気を付けてください。

 

走行距離が規定内で収まらなかった、車をぶつけて修理に出した、という状況だと残価分よりも低い金額での査定になってしまい、追い金を支払うことになってしまいます。

 

けれども、残価設定ローンのメリット・デメリットを正しく理解していれば、損をするどころかもっとお得にフリードを購入できるチャンスでもあるのです。

 

 

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2016 ホンダ フリードを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com