フリードのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

ホンダ フリードのおススメ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時とは!

 

「ちょうどいいを、もっと、みんなへ。」

 

小さなボディに満載された多彩な機能、誰にとっても「ちょうどいい」使い勝手と快適性、そしてクルマ本来の走る歓びを凝縮したホンダのコンパクトミニバン・フリード。

 

ここでは、幅広い年齢層から大人気のフリードを中古車でよりお得に購入するための「狙い目」や「買い時」を、リセールバリュー(残価率)の観点から独自に紹介。

 

他とは視点を変えたフリードの中古車探しの参考にどうぞ。

 

お得なフリードの中古車をかんたんに探す方法
ガリバーのクルマコネクトなら、チャットで希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

電話不要で対応はすべてチャット上で出来るので、スキマ時間に対応、手が空いた時に確認すればOKです。

※チャットのやり取り例
ガリバーのチャット例

また、本当に程度の良いお買い得なフリードの中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得なフリードの中古車を提案してくれるでしょう。

もちろんフリード以外の「安くて似ている車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、チャットで相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

 

これが狙い目!お得で格安なフリード中古車の選び方

 

新車と異なり、中古車の価格設定に決まりはなく、クルマごとのコンディションや年式、走行距離やグレード、装備品やボディカラー、市場ニーズや時期的な要因その他もろもろ絡み合って相場が出来ていきます。

 

それはフリードの中古車も同様で、ここでは割安にフリードの中古車を購入できる「狙い目」ポイントを紹介していきます。

 

 

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶと、フリードの中古車は割安で買える!

 

フリード中古車のお買い得なボディカラーは?

 

業者オークションでフリードの中古車相場を調査すると、ボディカラーがホワイトパールとブラックのフリード(3年落ち・3万キロ走行)は、他カラーのフリードに比べて10万~30万円前後も高くなっていました。

 

つまり、ホワイトパールとブラックのフリードは「高値で売れると同時に、高値で買わねばならない」のです。

 

一方、その他のカラーは相対的に10万~30万円安いので、フリードの中古車を割安に購入するなら、ホワイトパールとブラック以外のボディカラーがおすすめです。

 

※中でも、査定相場の下がりやすいシルバー系や、レアなシトロンドロップ(レモンイエロー)はフリードの中古車を安く買うなら「狙い目」と言えます。

 

 

フリードの寿命は25万キロ!過走行のフリード中古車を格安で購入しよう!

 

走行距離は中古車の状態(機械的摩耗)を表すバロメーターとして広く認知されており、一般的には走行距離10万キロを超えた「過走行」状態のフリード中古車は、ユーザーから敬遠されがちです。

 

しかし「敬遠されるからこそ安く買える」という面もあり、過走行フリードは、割安に購入するための「狙い目」と言えます。

 

しかし「安物買いの銭失い」と言うように、フリードの残り寿命も気になりますから、業者オークションのデータを基に、過走行フリードの寿命を調査しましょう。

 

まず、フリードの中古車流通台数は全体(過去3ヶ月)で3,002台、その内の過走行フリードは967台と市場の約1/3近くを占めている状態です。

 

その内、走行距離20万キロを超えているのが65台、業者オークションの出品表を片っ端から調べたところ、エンジン関係の不調について一切記載がないため、フリードの寿命は少なく見積もって25万キロ以上と推定できます。

 

もちろん、乗り方によってフリードの寿命は大きく違ってくるものの、走行距離10万キロ超の過走行フリードを購入して、小まめにメンテナンスしながら10万キロ以上乗り倒すという節約プランも選べます。

 

例)どちらも7年落ち フリード1.5Gジャストセレクションの中古車(修復歴なし)
走行距離11.7万キロ 支払総額62.5万円
走行距離5.4万キロ 支払総額113.4万円
差額50.9万円

 

⇒走行距離10万キロ以上のフリード中古車はこちら

 

 

フリードの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

 

フリードの中古車価格 修復歴ありによるマイナス額
~100万円 約30万~45万円
100~200万円 約40万~55万円
200万円以上 約45万~60万円以上

 

フレームに修復を要するレベルの損傷があると「修復歴」がつき、フリード中古車の査定相場は約30万~60万円以上も下がってしまいます。

 

当然、購入する時も安くなるから確かに「狙い目」ではありますが、ただ安いからといってむやみに修復歴のあるフリードを購入すると、後からトラブルに泣かされるリスクがあります。

 

でも、修復歴がついたフリード中古車の安さはやっぱり魅力的……そんなあなたに修復歴フリードの「狙い目」をお教えします。

 

修復歴はフリードが再起不能になるような大クラッシュでも、バック時にちょっと何かバンパーに当たり、中の金具がフレームを押して軽く凹ませてしまったようなものでも、すべて同じ「修復歴」として扱われます。

 

前者のフリードは流石に遠慮したいですが、後者のフリードなら走行にほとんど影響がなく、それだけで30万~60万円以上も安く購入できるなら、管理人的には「買い」と判断します。

 

で、そのフリードの修復歴が走行に影響するか否か、その見極めは販売店のスタッフに教えて貰うか、オークションで仕入れたフリードなら、出品データを見せて貰いましょう。

 

ステップワゴンの修復歴

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

 

 

4WDと2WDでは、どちらのフリード中古車に割安感があるか?

 

フリードの査定相場を業者オークションで調査したところ、フリードは4WD車の需要が高く、それがリセールバリューに色濃く表れていました。

 

4WD車は雪国や山岳地帯などで一定の需要がある一方、2WD車に比べて販売台数が少なく、その需>給バランスが高リセールにつながり、フリードの中古車価格にも反映されます。

 

自分がフリードを売る時は高値でいいのですが、フリードを買う立場になると割高になってしまうため、相対的に2WDのフリードの方が割安となります。

 

 

ナビありとナビなし、どっちが割安で購入できる?

 

ステップワゴン中古車買うならナビあり?なし?

 

ナビのあるなし、どちらのフリードがお得に購入できるのか、中古車市場を調査したところ、ナビの有無で大きな価格の差はありませんでした。

 

つまり、ナビがあってもなくても中古車価格が概ね同じなら、ナビありフリードの方がお得=割安に購入できる事になります。

 

 

パワースライドドアは両側or片側or無し、どれが割安に購入できる?

 

フリードの後部スライドドアを自動で開閉してくれるパワースライドドアですが、実用性重視のフリードでは、その有無で15万~45万円(リセールバリュー5~20%)前後の差額を生み出しています。

 

ファミリー層や多人数で利用する前提のコンパクト・ミニバンだからこそ、今どき両側パワースライドドアは当たり前、最低でも片側は欲しいところですが、フリードを安く購入したいなら話は別です。

 

スライドドアを手動で妥協するだけで15万~45万円前後も安く購入できるなら、女性や子供、高齢者がいればともかく、例えば友達同士など、男性メインで乗るにはそこまで支障もないため、パワースライドドアなしの中古車フリードは「狙い目」と言えるでしょう。

 

 

リセールバリューの低いグレードほど中古車購入では割安に買える

 

リセールバリューの低いグレード程割安に買える

 

フリードのリセールバリューをグレード別に調査、高い順にランキングしました。

 

1位 Gグレード系
2位 ハイブリッドG系
3位 ハイブリッドEX系
4位 Bグレード系
5位 ハイブリッドB系

 

リセールバリューの高い上位グレードのフリードほど、売る時は高くなりますが、同時に中古車価格も高くなってしまうため、低リセール(ランキング下位)なグレードほど割安に購入できることになります。

 

フリードのリセール傾向は、パワースライドドアをはじめとする快適&安心装備がバランスよく充実したG系(ガソリン、ハイブリッド共)が高く、最上級のハイブリッドEXと続き、スライドドアが両方手動(オプションも不可)なBグレード系、ハイブリッドBとなっていました。

 

・近所の中古車販売店を検索

 

 

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

 

フリードの中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

 

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

 

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

 

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

 

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

いくらで買える?フリードの中古車相場とおすすめのフリード中古車

 

初代フリードのおすすめ中古車と相場

 

初代フリードの中古車相場

 

型式 GB3、GB4型
生産 2008年5月~2016年9月
マイナーチェンジ 2011年10月27日
初代フリード中古車流通台数 1,479台
中心価格帯 50万~70万円台
最安価格帯 20万~40万円台
最高価格帯 190万~210万円台

 

広く使えてコンパクトに収まる、誰にとっても「ちょうどいい」コンパクト・ミニバンとして生み出されたフリードは、ホンダ独自の低床&低重心技術を活かした取り回しの良さと快適な居住空間が売りのモデルです。

 

 

前期→後期でココが変わった!初代フリードのマイナーチェンジ内容

 

2011年10月のマイナーチェンジでハイブリッド車が追加された。

 

2011年10月27日に行われたマイナーチェンジの主要な変更点です。

 

・ハイブリッド車を追加設定
・サードシートを3席から2席へ、ゆったり座れるスペースを確保(乗車定員を8名から6名or7名に)
・全座席にアームレストを設定(タイプ別)・前席に3点式ELRシートベルトを標準装備
・VSA(車両挙動安定化制御システム)やヒルスタートアシスト機能を標準装備
・メッキ&クリアのLEDリアコンビネーションランプを採用
・クローム調ヘッドライトガーニッシュを採用(G/G ジャストセレクション)
・専用フロントグリルや前後エアロフォルムバンパーを採用(Gエアロ)

 

 

初代フリード中古車の長所

 

・室内の開放感
・取り回しの良さ
・中古車としてこなれた価格帯

 

初代フリード中古車の魅力は、そのコンセプトである室内の開放感(天井高)と取り回しの良さに加えて、発売から年数(~10年)が経ち、2016年9月のフルモデルチェンジに伴う型落ちによって程よくこなれてきた価格帯にあります。

 

流通台数も多いため、最安価格帯の20万~40万円からお手頃な50万~70万円の中心価格帯、予算が許せばそれ以上に高品質なフリードも、じっくりと選べる選択肢が豊富に用意されています。

 

 

初代フリード中古車の短所

 

・内装が安っぽい
・セカンド&サードシートが狭い
・乗り心地が悪い

 

その一方で、初代フリードに対するユーザーの声をリサーチしたところ、内装の安っぽさや後列シートの狭さ、そして乗り心地の悪さなどが指摘されていました。

 

見方によっては「エッジが利いている」とも言える内装ですが、外装や細部とのアンバランスが「いかにもプラスティッキー(プラスチック的、転じて安っぽい意)」と評されているようです。

 

また、アームレストをつけた事でウォークスルーの障害となったり、サードシートが窮屈だったり、実際の乗車定員ギリギリで全員が大人だと少し大変かも知れません。

 

また、ホンダ車を調べていると路面からの突き上げ感を指摘する声が多く、またロードノイズが気になるという意見も少なからず出ていました。

 

中古車の購入時はテンションが高いので「大丈夫!」と思っていても、いざ購入して毎日乗るようになると苦痛になってくる事も多いため、じっくりと試乗してから検討するといいでしょう。

 

 

初代フリードのおすすめ中古車

 

初代フリード中古車を選ぶ大きな魅力の一つに、その安さは外せません。

 

最安価格帯の20万~40万円で販売されている初代フリードには走行距離10万キロ前後の中古車も多く、コツコツとメンテナンスをしてあげれば、そこから10万キロ以上乗りこなすことも可能です。

 

初代フリードは走行距離20万キロ以上でもおよそ5台に3台は5万~20万円前後の査定相場が残り、たとえ残らなくても、とことん乗り倒してしまえば元はとれるので「とにかく安く購入したい」というニーズにピッタリの中古車と言えるでしょう。

 

⇒初代フリードの中古車を検索

 

 

現行型(2代目)フリードのおすすめ中古車と相場

 

2代目フリードの中古車相場

 

型式 GB5、GB6型
生産 2016年9月~販売中
マイナーチェンジ なし
4代目フリード中古車流通台数 420台
中心価格帯 225万~245万円台
最安価格帯 160万~180万円台
最高価格帯 315万~335万円台

 

2016年9月16日のフルモデルチェンジを経て、先代からの「ちょうどいい」開放感と取り回しの良さを受け継ぎながら「7デイズ ワンダフル モビリティ(いつも素敵な乗り物)」をコンセプトに生まれ変わった2代目フリード。

 

中古車としてはまだ新し過ぎるために価格も高めではありますが、それだけに品質も高いので、新車同様のフリードを新車よりも割安に購入したい方には、おすすめの選択肢となります。

 

 

ココが変わった!現行型フリードのマイナーチェンジの内容

 

2代目フリードにはまだマイナーチェンジが入っていません(入り次第、更新します!)。

 

 

現行型フリード中古車の長所

 

・先代よりカッコよくなった(外装・内装共に)
・先代より乗り心地(ロードノイズ、振動など)が改善された
・やはり取り回しがよい

 

2代目フリードの長所についてユーザーの声をまとめたところ、外装&内装デザインの改良に対する評価が多く上がっていました。

 

また、ロードノイズや振動といった乗り心地についても大幅に改善された事も高く評価され、先代から受け継がれた取り回しにも定評がありました。

 

ただ、中には「初代の乗り心地が悪すぎただけで、2代目で標準に戻っただけだ」という辛口なコメントも目立ちました。

 

 

現行型フリード中古車の短所

 

・電動スライドドアの融通が利かない
・フロントピラーの位置と角度が悪く、右左折時に歩行者などを確認しにくい
・後部座席のエアコンが効くまで時間がかかる

 

一方で、2代目フリードの短所としてユーザーの声をまとめたところ、上記のような不満が出ていました。

 

電動スライドドアについて、動作が遅かったり開いている途中で閉めることができなかったりなど、安全のためと思われますが、何かとスピーディな現代人には少しストレスかも知れません。

 

また、車内空間の容積確保を目的としてフロントピラーが急になっており、ドライバーの視野を妨げてしまうという報告が複数上がっていました。

 

他にも後部座席のエアコンが効くのに時間がかかる、という意見も散見され、ディーラーでもそうした声が寄せられているようです。

 

 

現行型フリードのおすすめ中古車

 

現行型フリードの中で最も流通台数が多いグレードは、ガソリン車・ハイブリッド車ともに1.5Gホンダセンシングで、それぞれ現行型フリード全体の約1/3ずつを占めています。

 

今回の調査で中古車市場からピックアップしたおすすめフリードはこちら。

 

2年落ち フリード 1.5Gホンダセンシング
走行距離1.3万キロ/修復歴なし/シトロンドロップ/付属:ナビ、バックカメラ、ETC等
支払総額204.8万円

 

新車で同等の付属品を装備した場合、諸費用も含めてフリード 1.5Gホンダセンシングの支払総額は252.9万円となるため、中古車では約50万円前後も安く購入できることになります。

 

 

ところで、フリードを中古車で購入しても、買い替え時の下取り金額は誰しも気になるところです。

 

そこで、上記の現行型フリードを3年&3万キロ乗りこなした後に売却した場合の査定相場をシミュレーションしてみましょう。

 

例)2年落ち フリード 1.5Gホンダセンシング
走行距離1.3万キロ/修復歴なし/支払総額 204.8万円

3年(3万キロ走行)後の査定相場
5年落ち 走行距離 4.3万キロ 査定相場 130万~135万円

 

現行型フリードを中古車で購入し、乗っている内にモデルチェンジ(査定相場が大きく下がる要因)が入ったものと想定すると、現在の相場で上記の査定相場が残ります。

 

上のフリード購入時、支払総額の204.8万円から多少の値引きは期待できると思われますが、売却or下取り時の損失額が60万円以上となることを考えると、もう少し乗り続けて元を取ることも視野に入れてもいいでしょう。

 

⇒現行型フリードの中古車を検索

 

 

フリードの新古車は新車に比べてお得か?

 

フリードの中古車を探していると、新古車という言葉にふれることがあると思います。

 

新古車に明確な定義はありませんが、概ね走行距離が1,000キロ以下のほぼ新車同様の中古車を指し、ここでは走行距離がほとんどゼロの未使用車も含めて取り扱います。

 

さて、そんなフリードの新古車は、新車よりもお得に買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

 

  新車フリード 新古車フリード(未使用車)
グレード名 1.5G ホンダセンシング 1.5G ホンダセンシング
車両本体価格 2,143,200円 2,043,000円
オプション なし ナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー
諸費用 176,370円 185,000円
新車値引き ▲180,000円 交渉次第で可
総額(乗り出し価格) 2,139,570円 2,228,000円

 

フリードの新古車を新車と比較すると、新車の方が約8.8万円安くなっていますが、新車の方は18万円の値引きがある上に、オプションが何もついていません。

 

新古車と新車の条件をイーブンとするには、新車の値引きをゼロにした上で、上記のオプション約26.9万円をプラスする必要があります。

 

その上で安い方の見積もりを高い方のお店へ持参して値引き交渉に臨めば、更なる値引きのチャンスが出てきます。

 

 

番外として、オークション代行を利用して業者オークションからフリードの新古車を購入した場合の総額もシミュレーションしてみましょう。

 

オークション代行 新古車フリード(当年モデル・MC前)
グレード名 1.5G ホンダセンシング
落札価格 1,930,000円
オプション なし
消費税 154,400円
落札手数料 8,640円
オークション代行料 32,400円
名義変更料 約20,000円
陸送費用 約20,000円

総額(乗り出し価格)

2,165,440円

 

業者オークションを利用すると、当年モデル・走行距離1,000キロ未満のフリード 1.5Gホンダセンシングが新車(支払総額227.5万円)に対して約11万円安い216.5万円で購入できます。

 

最新型のフリードがこれだけ安く購入できるなら、業者オークションの利用も検討したいところですが、何となく敷居が高い……と感じる方には、以下のサービスがおすすめです。

 

 

フリードの中古車・新古車をお得に買うには?

 

中古車をお得に買う

 

中古車でフリードを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

 

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いフリードが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

 

しかし、そのためには数ある中古車販売店のフリードの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

 

また、価格の割に状態が悪い割高のフリードが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

 

程度が良くて、なおかつ割安なフリードを見つけるには時間も掛かりますし、さらにフリードの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

 

そこでおススメのサービスが、以下です。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、チャットで希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

電話不要で対応はすべてチャット上で出来るので、スキマ時間に対応、手が空いた時に確認すればOKです。

※チャットのやり取り例
ガリバーのチャット例

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得なフリードの中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得なフリードの中古車を提案してくれるでしょう。

もちろんフリード以外の「安くて似ている車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、チャットで相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

フリードの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にフリードを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2018 ホンダ フリードを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com